top of page
検索
  • chie-takano

夏のお見合い!どんな服装をすれば良い?【男性編】

更新日:2022年6月17日




夏の日差しを感じ始めましたね!

蒸し暑い夏がもう真近に迫ってきています。

ということで、今回は男性の婚活ファッションについてお話したいと思います。


お見合いでの服装は、基本的にジャケットスタイルがマナーです。

とはいえ、汗をかいてしまったり、見た目にも暑苦しい着こなしはマイナスイメージを与えかねません。

季節に合った着こなしで夏のお見合いも爽やかに乗り越えましょう。



スーツの場合




  • 夏のお見合いはノーネクタイでOK!

夏のお見合いは、ジャケットにノーネクタイでOKです。

その場合に着用していただきたいのが「クールビズ用のYシャツ」です。

クールビズ用のYシャツはノーネクタイでも様になるような襟元のデザインになっているので、だらしなく見えずに格好の良い着こなしになります。


ただ、クールビズとはいってもお見合いに半袖のYシャツは避けた方がよさそうです。

半袖のYシャツはフォーマル感が抜けてしまう上に、女性受けもあまり良くありません。

Yシャツは長袖のものを着用しましょう。


  • ジャケットにチーフを挿すだけで大人の魅力アップ

ノーネクタイでのスーツの着こなしを一段と素敵にみせてくれるのが、ポケットチーフです。

ポケットチーフを挿すことで、華やかになるだけではなく、紳士的で大人な男性の着こなしになります。



  • インナーで清潔感を

海外ではYシャツ自体がインナーという認識がありますが、日本のうっとおしい暑さではベタベタの汗をかきやすいので、Yシャツの下にインナーを着る必要があります。

汗で肌が透けてしまうのは清潔感がなく、お見合いでの印象も下げてしまう可能性

があるので注意しましょう。


汗が染みてしまうのを避けるだけでなく、汗のにおい対策にもなります。

さらっとした素材の夏用のインナーなど、大手の衣料メーカーで数多く出ているのでぜひ着用してみてください。


  • ジャケットを脱ぐ時はひとことお伝えしてから

暑い中汗をかきながらお見合い・・というのは本末転倒ですので、そういった場合にはジャケットを脱ぎましょう。

お見合いで初めましての挨拶が済んで着席するときに、ひとこと「ジャケットを脱がせていただいてよろしいですか」とお伝えするとお相手に失礼が無いでしょう。




ちょっぴりラフにジャケパンスタイル




お相手に失礼のないよう、ホテルのラウンジなどでのお見合いではスーツを推奨していますが、お見合い場所などにより、ジャケット+パンツの組み合わせも可能です。


イメージはオフィスカジュアルです。

パンツはデニムのようなカジュアルなものは避け、オフィスカジュアルで使用できるようなパンツ、またはスラックスにしましょう。


ジャケットの中はYシャツが無難です。

襟無しのものを着用する場合は、きちんとしたカットソー(Tシャツ等)も可能です。

カットソーの場合は襟元がよれていないこと、くたくたになっていない、しっかりとした素材であることも大切です。


女性はお見合いに来るにあたって、服装だけではなく、髪型、お化粧、指先まで綺麗に見えるように気配りをしてきます。

そういったお相手の気持ちに失礼のないような身だしなみをするように心掛けましょう。



とにもかくにも清潔感!!!


どんな服装をするのかも大切ですが、一番気を付けてほしいのが清潔感。

清潔感が無いと印象はがた落ちです。

清潔感のチェックポイントはこちらです。チェックしてみてください。


清潔感をアップさせるチェックポイント

  • ジャケット、シャツ、パンツは体型に合っている?

  • アイロンがかかってピシッとしている?(服、ハンカチ)

  • すり減った靴を履いていない?

  • 爪、髪の毛に清潔感がある?

夏に特に注意するチェックポイント

  • 汗をだらだらかいていない?(顔のテカリ、シャツの汗染み)

  • 汗臭くなっていない?

蒸し暑い夏には、普段より一段と清潔感が大切になってきます。

家を出る前に身だしなみを確認。

そして目的地には時間に余裕をもって到着し、息を整えて改めて身だしなみの確認をしましょう。



最後に


夏のお見合いは汗が大敵!

暑さ対策として、夏用の素材のものを身に着けましょう。

そして時間に余裕をもって持ち合わせに到着し、身だしなみのチェックをしましょう。


最後までお読みくださり、ありがとうございました。



bottom of page